So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<申告漏れ>日光の3宗教法人が5億円 国税局指摘(毎日新聞)

 世界遺産「日光」の輪王寺など栃木県日光市内の3宗教法人が関東信越国税局の税務調査を受け、09年3月期までの5年間で計約5億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。過少申告加算税などを含めた追徴税額は計1億円余とみられる。

 関係者によると、調査を受けたのは輪王寺と東照宮、二荒山神社の計3宗教法人。うち輪王寺は、数珠や線香などの販売について、宗教活動の一部として非課税扱いの「公益事業」と申告していたが、国税局は課税対象の「収益事業」に当たると指摘したという。

 輪王寺は「国税当局と見解の相違があった」としている。東照宮は「経理上の誤りなどがあった」、二荒山神社は「答えられない」としている。【加藤隆寛】

【関連ニュース】
<関連写真>世界遺産です 日光・東照宮の陽明門
<関連記事>脱税容疑:ダイエー創業者次男を逮捕 贈与税2.7億円
<関連記事>商船三井:20億円申告漏れ 9億円追徴
<関連記事>所得隠し:パナソニックが1億5000万円
<関連記事>脱税:東京国税局がマック赤坂氏を告発 約2億所得隠し

亀井氏後任に自見国民新幹事長(時事通信)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
歯科治療中に2歳女児死亡=脱脂綿のどに詰まらせる―埼玉(時事通信)
亀井代表「つまらん男だが、私なりのけじめ」(読売新聞)
喫煙する父を持つ娘の85%が「吸わないで」(医療介護CBニュース)

社民、連立離脱しても部分連合と選挙協力を模索(産経新聞)

 社民党の連立離脱は、旧社会党時代の平成6年4月に8党派連立の細川護煕内閣、10年6月の「自社さ政権」に続き、3回目となる。これまでの2回では、離脱後にほぼ完全に野党の顔に戻ったが、今回は異なる様相を呈している。

 社民党の福島瑞穂党首と重野安正幹事長は、連立離脱を表明した30日の記者会見で、民主、国民新両党との政策合意の扱いの協議次第では、参院選での選挙協力継続に意欲を見せた。また、国会では法案ごとに是々非々の対応をとる部分(パーシャル)連合を模索していくことを示唆した。

 小政党となった社民党にしてみれば、予想される公示日(6月24日)まで1カ月を切った参院選では、あてにしていた民主党との選挙協力を維持したいところ。昨年の衆院選でも、重野氏(大分2区)や辻元清美国交副大臣(大阪10区)は民主党の全面支援を得て当選している。民主党との連携を失えば、選挙戦での将来展望を描きにくい。

 法案の扱いも同じ構図だ。社民党が重視している労働者派遣法改正案は、民主党の終盤国会の対応しだいで成否が決まる。

 社民党は一見、勢いよく連立を飛び出したように見えるが、実際は民主党の“手のひら”から降り切ることができないのだ。

 この事情を見透かしたように、民主党の小沢一郎幹事長は、福島氏が罷免された直後の28日夜、重野氏に対して電話で、「それはそれ、これはこれ」と告げ、選挙協力の維持を目指すことで一致した。

 内閣と党の支持率が低下し続けている民主党にとっても、参院選の選挙区で、社民党支持層の協力が必要なのだ。また、小沢氏にとっては、社民党との「部分連合」は、参院選後、参院での民主、国民新両党の過半数割れに備えたものでもある。

 この結果、安全保障という国の根幹にかかわる政策の対立で、連立を離脱した社民党が、安保政策以外の面で、民主党と民主党政権にとって都合のいい「補完勢力」となりそうな皮肉な事態となっている。(山田智章)

【関連記事】
辻元国交副大臣が辞意伝達 国交相31日受理へ
ロシア通信社が社民党連立離脱を速報
社民党、連立離脱を正式決定
福島氏罷免でごまかされるな!!
首相の判断見守る 進退問題で民主・細野氏
iPadが上陸

「菅首相」午後誕生へ=新内閣、今夜にも発足―幹事長に仙谷、岡田氏浮上(時事通信)
関東と沖縄を上方修正=5月の地域経済動向―内閣府(時事通信)
iPSで「免疫」量産 理研が成功 がん治療に光(産経新聞)
「安平」の孫が鳥取にいた!要望あれば提供へ(読売新聞)
職場にいると息が詰まりそう……どうすればいいでしょう(Business Media 誠)

社民党の「ぐじゃぐじゃ」迷走 連立離脱するのかしないのか(J-CASTニュース)

 鳩山首相が沖縄再訪で苦渋の「辺野古移設」を表明したその2日後、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が沖縄を訪れた。福島党首は、移設に関する閣議決定に署名せず、辺野古移設に反対する考えを強調した。普天間移設問題は、さらなる迷走を始めるのだろうか。

 「辺野古反対 知事に明言 福島氏が沖縄訪問」。2010年5月26日付の朝日新聞朝刊(東京最終版)は、1面トップで福島氏の25日の訪沖を伝えた。一方、産経新聞朝刊(同)は、同じ1面トップながら「社民 暴走」の文字が躍った。日米両政府がようやく大筋合意にたどりつき、公表を目前に控えたこの時期に「ひっくり返そうとする」社民党の姿勢を強く批判したものだ。

■「政権しがみついたら党が自然消滅する」

 「暴走」との表現こそ使わなかったものの、閣内からは福島氏への批判が噴出した。岡田克也外相は5月25日の会見で、「内閣の一員として、総理が大変厳しい決断をされたことに一定の配慮があってしかるべきではないか」と不満を漏らした。他大臣からも「政権の方向性に従って努力してほしい」「火をつけて回るのはどうか」などの声が出た。

 野党はあきれている。自民党の谷垣禎一総裁は「閣内不一致という生やさしい言葉では表現できない」、大島理森幹事長は「政府方針に反対なら閣僚を辞して行動するのが当然だ」と話している。福島氏の不信任案を出すことも検討している。

 当の社民党は5月26日、緊急両院議員総会を開き、辺野古移設に反対する方針を確認した。連立を離脱するかどうかの結論は出なかった。同党の阿部知子・政審会長らは、連立維持派で、政権に留まり引き続き県外・国外移設を訴えた方が良いとの考えだ。一方で、「政権にしがみついたら信頼を失い党が自然消滅する」(照屋寛徳・国会対策委員長)との危機感もある。

 離脱を避けたい社民幹部は、民主と政府へ妥協を迫っている。政府内では、移設先として辺野古を明記しない「政府方針」で5月28日の閣議決定に臨む調整も行われている。辺野古移設を明記する日米共同声明とは別に、社民党に配慮した文案の政府方針も用意しようという「2枚舌」作戦だ。

■参院選1人区で社民の支援得たい民主

 民主が社民へここまで配慮するのは、7月の参院選が直前に迫っているという事情もある。多くの1人区の選挙区で、民主候補を社民支持組織が支援する選挙協力が進んでおり、今さらのご破算は死活問題、という訳だ。

 残る連立パートナー国民新党の亀井静香代表は、「かんしゃく起こして政権離脱なんて子どものやることだ」(5月24日)と社民党に「大人の対応」を求めている。しかし、社民党には、旧社会党時代の「大人の対応」による支持急落のトラウマがあるのかもしれない。1994年の自社さ連立政権の村山富市内閣で、自衛隊合憲を認めるなど、従来政策を大きく転換させた「大人の対応」の結果、支持者層が離れ党勢が大きく後退した過去がある。

 インターネットのポータルサイト「ライブドア」のリサーチ欄で、福島氏の沖縄訪問について「不適切だと思う」かどうかを、2択できいた質問(5月25日〜)の26日夕現在(参加2000件強)の結果は、「(不適切だと)思う」68.3%、「思わない」31.7%だった。


■関連記事
「鳩山5月退陣」説 なぜかトーンダウン : 2010/05/24
普天間「ほぼ現行案」に地元心外 「強行すれば暴動起きはしないか」 : 2010/05/20
支持率低いのはマスコミのせい 菅発言が示す「政権末期症状」 : 2010/05/19
「萌え〜」な工具箱第2弾!「クイーンズブレイド」オフィシャルモデル : 2010/05/25
職場で「芸名」を名乗りたい人たち : 2010/05/26

未承認薬・適応外薬の開発要請、最多はファイザーの7件(医療介護CBニュース)
遠藤周作さんの初期未発表作発見 長崎の文学館で公開(産経新聞)
景気回復は感じないが……夏のボーナスは“支給される”人が増加(Business Media 誠)
徳之島明記なら抗議へ=3町長(時事通信)
みんなの党・江田氏、民主・渡部氏の「誘い」否定(産経新聞)

【新・関西笑談】Salad City KOBE(4)(産経新聞)

 □ロック・フィールド社長 岩田弘三さん 

 ■工場は安藤忠雄さん設計 サラダ作って、食べて、楽しむ。

 −−本社工場が斬新なデザインです。建築家の安藤忠雄さんの設計ですが、安藤さんとの出会いは

 岩田 レストランをやっていたころ、テイクアウトの店をしようと思いました。路面店でしっかりした店舗を持ちたかったんです。それで北野の商業ビルの中につくることになったんですが、そのビルが安藤さんの設計でした。これが出会いです。ところが、ボクが「こういう店舗にしたい」といったら、「そんなもんダメだ」と彼は拒否するわけです。いくらいっても、彼はガンとして受けつけない。

 −−どうなりました

 岩田 もう、ぜんぜん意見が合わないんです。彼には彼の設計思想がある。ボクにはボクのイメージがある。何度も激論を交わしましたが、結局ボクが折れて、彼のいう通りにしました。このことがあってから、いつかうちの建物を彼にやってもらおうと思いました。

 −−それで本社の建物を依頼した

 岩田 その前に静岡の工場の設計を頼みました。このときもちょっとありまして…。彼に話を持ちかけたら、「工場なんかやったことがないからダメだ」というんです。強引に説得してやってもらいました。ここでは「健康」「安心・安全」に加えて、「環境」を打ち出しました。敷地内に風力発電設備やビオトープを配置したり、環境との調和にいろいろ工夫しています。

 −−そして、次が本社工場だった

 岩田 この建物は百貨店の物流センターでした。うちが買って本社兼工場にすることになり、安藤さんに見てもらったんです。なんとかモノになるやろうか…と。そしたら彼はいろいろ調べてくれました。そして曰く「建物はまったくゆがんでいない。もったいない。これ、使おう。岩田さん、こんな建物壊したら、産業廃棄物を山のように出すだけや。いまの時代、それはいかん」

 −−それで改築して使うことになった

 岩田 基礎をすべてやり直しました。もう、見違えるような建物になりました。殺風景な外壁だったので、意匠性をもたせようと、デッキ(足場)調の建材を全面に採用しました。アプローチを通って建物に入ると、建物内は開放的な空間です。来た人はみんな称賛してくれます。やはり“何か”を感じてもらえるからだと思います。

 −−社員食堂にも一工夫が

 岩田 どうしたら社員が生き生きと働けるかといろいろ考え、ここにも投資しました。広々とした空間で、サラダバーがあって毎日メニューが替わります。自分たちの作ったサラダを、お客さんの身になって食べ、楽しもうという狙いです。

 −−敷地内には保育所もありますね

 岩田 これも安藤さんの設計です。少しでも女性が働きやすいようにと併設しました。建物は庭に面した部分が全面ガラス張りで、中は明るく、外から保育所の中が“丸見え”になっています。庭の畑では子供たちもいっしょになって、スイカやキュウリ、イチゴなどを栽培しています。自分たちで作ったものを食べるときは、喜んで食べているそうですよ。大切な食育の場です。(聞き手 佐久間史信)

【関連記事】
サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向
大阪のうまいもん弁当 コンビニで販売 
メリーランド・クラブケーキ 磯の香り漂う蟹の身たっぷりのごちそう
モスの新業態レストラン 9日、渋谷にオープン 旬の野菜にこだわる
鶏のから揚げ 定番おかずに脚光

不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁(産経新聞)
中村航さん「あのとき始まったことのすべて」刊行 異色の理系小説家、長編に自信(産経新聞)
もんじゅ、点検のため一時停止 再起動は22日に(産経新聞)
官房長官、午後に徳之島住民と会談(産経新聞)
奈良の連続婦女暴行事件、養護学校侵入男を逮捕へ(産経新聞)

踏切横断で3万人影響 朝のJR大阪環状線(産経新聞)

 6日午前8時10分ごろ、大阪市天王寺区茶臼山町のJR大阪環状線天王寺−新今宮駅間の一ツ家踏切手前で、走行中の下り快速電車の運転士が踏切内を横断する人を見つけ、電車を急停車させた。運転士が確認したところ、すでに人はおらず、運転を再開。乗客約520人にけがはなかった。

 JR西日本によると、この影響で大阪環状線や阪和線など上下線計19本が運休、計21本が最大16分遅れ、約3万人に影響した。

【関連記事】
線路で空き缶拾い JR関西線遅れで4万人に影響 大阪
急ピッチ 空に続く最速鉄道 成田スカイアクセスで走行試験
防げ「撮り鉄」暴走!山陰線は厳戒 複線化あす記念電車
昨年度の人為ミス52件 JR九州が年度統計を初公表
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル

<国家公務員>新規採用 キャリア2割減 地方機関は8割減(毎日新聞)
難航する幼保一体化 マニフェストいつ実現?(産経新聞)
普天間移設 政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否(毎日新聞)
普天間「生活に影響ない」=沖縄の市議反発し、発言撤回−民主・山岡氏(時事通信)
首相、徳之島移転案を表明=3町長は拒否−普天間移設(時事通信)

<偽造通貨>73歳容疑者逮捕 偽2000円札使う 愛知(毎日新聞)

 愛知県警捜査2課と豊川署などは、偽造2000円札を使ったとして、同県岡崎市藤川町、無職、斉川俊勝容疑者(73)を偽造通貨行使の疑いで逮捕し、23日、名古屋地検豊橋支部に送検した。

 容疑は15日夕、同県豊川市内の洋服仕立業の女性(65)方で、偽造2000円札5枚を両替名目で渡したとしている。同署によると、斉川容疑者は「生活費が欲しかった。自分で偽造した」と容疑を認めているという。

 2月上旬から同市や岡崎、豊橋市内で、研師を名乗る60〜70歳の男が「釣り銭に困っている。両替してほしい」などと訪れ、偽2000円札を使う事件が二十数件起こり、同署で警戒していた。署員が人相のよく似た斉川容疑者を見つけ緊急逮捕した。斉川容疑者の自宅からは偽造2000円札70枚以上とプリンターが見つかった。【丸林康樹】

【関連ニュース】
韓国:偽造旧1万円札を密輸 グループ摘発
偽1万円札:1都6県で151枚使った疑い 3人を逮捕
偽旧1万円札:偽通貨取得容疑、韓国人の男逮捕−−ソウル警察
偽1万円札:151枚使った疑い 警視庁など、3人逮捕
偽1万円札:たばこ代金に使用 容疑の組員を逮捕 /青森

首相「札束でほっぺたをたたかない」 普天間問題(産経新聞)
<山崎飛行士>優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)
「最後の映像、使命感の結晶」=村本さん葬儀に500人−東京(時事通信)
ブルブル!3月並みの寒さ、週末からは暖かく(読売新聞)
短期間の補充捜査、手探りの立証に 明石歩道橋事故 (産経新聞)

都の漫画児童ポルノ規制 民主、代案提出を検討(産経新聞)

 子供の性行為を描く漫画など「2次元児童ポルノ」の規制のため、東京都が可決を目指す青少年健全育成条例の改正案で、都議会最大会派の民主党が、9月議会への審議継続と代案提出の検討に入ることが20日、分かった。6月議会での可決を目指す自民党などとの話し合いが不調に終わったためという。

 改正案をめぐっては、ちばてつやさんや永井豪さんら漫画家のほか、作家などで作る「日本ペンクラブ」(阿刀田高会長)も反対声明を出すなど、都に抗議が殺到。都側は「条文の中身が誤解されている」と火消しに躍起になったが、3月議会では審議不十分となり6月議会に結論が持ち越された。

 改正案は、漫画やアニメなどに登場する架空の18歳未満のキャラクターを「非実在青少年」と規定。民主党では非実在青少年の定義などについて、見直しを図る方針。

【関連記事】
漫画児童ポルノ 子供に見せないのは当然
東京都の2次元児童ポルノ規制、ちばてつやらが反対会見
2次元児童ポルノ規制で橋下知事「大阪府も検討」
ジュニアアイドルが衝撃実態激白、アレがバレた瞬間…
日本製「エロ画」所持で有罪判決! カナダ人の双子青年
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

認知症の女性の顔に落書き、撮影…栃木の施設(読売新聞)
乾燥食品に金属片混入 天野実業が自主回収(産経新聞)
コンテナ収納を再開=ISS滞在の山崎さん、アームを操作(時事通信)
極楽浄土の世界をCG復元=平等院鳳凰堂内、創建時の彩色に(時事通信)
タクシー無賃乗車、売上金盗む=容疑で男子高生ら3人逮捕−警視庁(時事通信)

山内議員の元秘書に支払い命令 東京地裁(産経新聞)

 「みんなの党」の山内康一衆院議員(36)の元政策秘書、神武幸被告(48)=詐欺罪で起訴=に金をだまし取られたとして、神奈川県伊勢原市の元会社社長の男性が山内議員と神被告に4千万円余りの支払いを求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。小崎賢司裁判官は神被告に請求通りの支払いを命じた。山内議員については請求を退けた。

 小崎裁判官は「原告をだまして融資金を取得した」と指摘。一方、山内議員については「神被告の個人的行動で、秘書として行ったことではない」とし、使用者責任を認めなかった。

 判決などによると、神被告は政策秘書だった平成20年2〜3月、元社長に「資金が不足している。近く3億円の収入があり、確実に返済できる」と持ち掛け、2回にわたり計約4千万円を借り入れた。

 神被告は今年2月、架空の投資話で運送会社社長から約3千万円をだまし取ったとして警視庁に詐欺容疑で逮捕され、起訴された。

【関連記事】
参院選に元民主区議を擁立 みんなの党
みんなの党の「試金石」に 多摩市長選は壮絶三つ巴バトル
新党を「立ち枯れ?」 渡辺喜美氏がチクリ
新党ラッシュどうなる既存政党 自民は危機、民主は…
みんなの党が出馬要請
外国人地方参政権問題に一石

「大阪都」どうなる?…19日に橋下知事が新党(読売新聞)
【アニマル写真館】ゴマモンガラ 和歌山県立自然博物館(産経新聞)
里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)
民主県連、徳之島案の撤回要請=首相「承った」−普天間移設(時事通信)
自民・小池氏が離党届提出(時事通信)

お台場で大量発炎筒燃える=メーカー男性引っ越し中、一時騒然−東京(時事通信)

 8日午後4時15分ごろ、東京都港区台場の路上で、「かばんが燃えている」と119番があった。火は約15分後に消し止められ、けが人などはなかった。警視庁東京湾岸署によると、かばんは布製で、紙袋に包まれた発炎筒約45本が入っていた。
 同署によると、持ち主は発炎筒メーカーに勤務する男性(50)で、「引っ越しで自宅から運び出す途中だった」と説明。有効期限の過ぎた発炎筒を会社から少しずつ譲り受けるうちに、大量になったという。同署は摩擦で発火した可能性もあるとみて原因を調べる。 

子ども手当「外国人に590人分支給」 「まったくのデマ」で騒ぎに(J-CASTニュース)
居酒屋ねらって空き巣 男を逮捕(産経新聞)
入院患者の血中からインスリン 逮捕された看護師の鑑定留置認める 京都(産経新聞)
林業再生へ鳩山首相が意欲=菅原文太氏ら招き意見交換(時事通信)
<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)

19道府県に2万2000個=廃ポリタンク漂着状況−環境省(時事通信)

 昨年12月中旬以降、日本沿岸に漂着した廃ポリタンクは19道府県で昨年より5235個多い計2万2194個に上ることが2日、環境省のまとめで分かった。一部のポリタンクから強酸性の液体が検出されたケースもあり、同省はポリタンクに触れないよう注意を呼びかけている。
 最も多いのは長崎県の4854個。島根(2828個)、山形(2589個)、山口(2306個)、秋田(1923個)の各県が続く。また、ハングル表記があったものは、確認されただけで1万915個あった。
 今シーズンは昨年12月18日に北九州市で29個が発見されたのをはじめ、他地域でも相次いで廃ポリタンクが見つかっている。 

<地震>茨城・ひたちなかで震度4=午前6時18分(毎日新聞)
警官が覚せい剤飲ませる?同席女性から陽性反応(読売新聞)
ベテラン刑事を盗撮、その場で御用=容疑の31歳男−警視庁(時事通信)
車内のライター、回収し忘れか=父「あったかも」−4児死亡火災・北海道(時事通信)
「統合か、競争か」―審査支払業務の効率化で検討開始(医療介護CBニュース)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。